ABOUT ME

Profile

エレクトリックミュージックのウィークエンドミュージシャン。
2001年、伝説の自走式パーティーギャングDOEL SOUND FORCEをpeechboy、CMT、KEIHINらと結成。 DOELの発展的解散前の2002年、Zombie Nationの変態エレクトロレーベル、DEKATHLON Records(ドイツ/ミュンヘン)から"Hsart ep"でデビュー。 その後、国内外問わず様々なレーベルから作品をリリース。2007年夏には、石野卓球が主宰するレーベル"Platik"初のコンピレーションアルバム"GATHERING TRAXXX VOL.1"へ参加。 2008年はじめには自身のレーベル"CODONA"を立ち上げ、レーベルワークも精力的に活動を展開。 DJとしてはヨーロッパなどでも精力的に活動し、国内ではWIRE出演で知られるダンスパフォーマンスチーム迷彩が主催する"MITTE"や、フェティッシュ系パーティーの"Tokyo Decadance"でレジデントを勤めるなど、幅広く活動している。 2011年1月末には1stアルバム"STRATUM"をリリースしDOMMUNEでのライブも好評を博す。W2X名義でChiptuneも作る。

Chronology

  • 1997年頃からDJを始め、2000年にはトラック製作を開始。
  • 2001年、伝説の自走式パーティーギャング「DOEL SOUND FORCE」にてKEIHIN, peechboy, CMTらと都内を中心に活動。
  • 2002年、1999年にKernkraft 400で爆発的大ヒットを記録したミュンヘンにある「Zombie Nation」のレーベル、Dekathlon Recordsより「Hsart EP」でデビュー。デビューEPでは異例の約1500枚程度を売り上げる。
  • 2003年、Sven VathやDJ Hellなどからも評価の高い、ドイツはパルヒムにあるピクチャー盤専門レーベル「Pocketgame Recordings」(Decks Records)のコンピレーションに「Ryuhgoojyo」で参加。
  • 2004年、Dekathlon Recordsからは2枚目となる「Hologramized Memories」をリリース。
  • 2006年、旧TRANSONIC RECORDS、またExT Recordingsの前身である20001 IN SOUNDのコンピレーション「ELECTRO DYNAMIC VOL.2」に「Piko Vison」で参加。
  • 2007年、電気グルーヴの石野卓球氏が、厳選した次世代を担うテクノ・アーティストを集めたPlatikレーベル初のコンピレーション「Gathering Traxx Vol. 1」へ楽曲「Sei」で参加。石野卓球に絶賛され次期アルバムリリースの候補に挙がる。
  • 同年、ベルギーはアントワープにあるKing Kung Foo RecordsよりRonny & Renzoのremixを含む「Alone」をリリース。
  • 2008年、自身のレーベル「CODONA」を立ち上げ「Parallel World」をリリース。
  • 2009年、Beroshima a.k.a FRANK MULLERのMoonrakerをremixし、Akiko Kiyamaなどのremixを含む「The Moonraker Remixes」をリリース。
  • 同年、元明和電機の工員でもありDMX KrewとのコラボやMuller Recordsからリリースで知られる、Yuri SuzukiとのユニットMYを結成。そして「I’m Afraid」をリリース。
  • 2010年、MYでリリースした「A Mirror In Mirros」がTraks Boysの片割れであるCrystalのmix CD 「Made In Japan “Future” Classics」へ収録され、再び注目を集める。
  • 同年、WIRE出演などで知られるPerformance Team 迷彩やVJ doorと「INSECT 2010」を制作し音楽を担当。MITTE WORKSよりリリース。iTunes Storeのエレクトロニックビデオーチャートにて1位を獲得。
  • 2011年、「CODONA」より自身初となる1stアルバム「STRATUM」をリリース。宇川直宏氏が主宰するDOMMUNEにて、iPadを使ったライブを披露し好評を博す。